HOME > お知らせ > 相続・贈与相談センターマガジン「葬式費用はだれがどこから払えばいい?」

相続・贈与相談センターマガジン「葬式費用はだれがどこから払えばいい?」

2015.09.18 | お知らせ

前々回の記事に書いたように、葬儀費用の平均は190万円近い金額となっています。負担が小さくないだけに、 どのようにして資金を捻出すればいいか、気になるところです。では、亡 くなった人の財産から葬儀費用を出 せるものなのでしようか?

結論からいうと、葬儀費用は遺産総額から差し引くことができます。 しかし、葬儀に関する費用ならば、すべて差し引けるわけではありません。どれが葬儀費用とみなされ、どれがみなされないのでしよう?

遺産総額から差し引くことができる葬式費用は、通常次に挙げるようなものです。

  1. 死体の捜索又は死体や遺骨の運搬にかかった費用
  2. 遺体や遺骨の回送にかかった費用
  3. 葬式や葬送などを行うときやそれ以前に火葬や埋葬、納骨をするためにかかった費用(仮葬式と本葬式を行ったときには、その両方にかかった費用が認められます)
  4. 葬式などの前後に生じた出費で通 常葬式などに欠かせない費用(お通夜などにかかった費用がこれに該当します)
  5.  葬式に当たりお寺などに対して経料などのお礼をした費用

一方、次のような費用は、遺産総額から差し引く葬式費用には該当しません。注意しましょう。

  1. 香典返しのためにかかった費用
  2. 墓石や墓地の買入れのためにか かった費用や墓地を借りるためにかかった費用
  3. 初七日や法事などのためにかかった費用

葬儀費用を誰が負担するかは 基本的に自由

葬儀費用を誰が負担するかは、法律では特に定められていません。基本的には自由です。

過去の裁判例を勘案すると、以下 のような優先順位の見解が良いとい われています。

1.香典から支払う

2.相続財産から支払う

3.相続人が相続分に応じて支払う

香典は、基本的には葬儀費用の一 部を負担することを主な目的とし た、相互扶助の精神に基づく金銭そ の他財物の贈与と解釈できます。ま ずは香典から支払い、足りなければ 相続財産から支払い、それでも足り なければ相続人が相続分に応じて支払うことが想定されます。

 

税理士が確定申告の代行をします

メールでの確定申告のご相談はこちら

電話でのお問い合わせは			084-927-5100

メールでのご相談はこちら