HOME > お知らせ > 相続贈与相談センターマガジン「37%」

相続贈与相談センターマガジン「37%」

2015.10.02 | お知らせ

 

みなさんこんにちは、相続贈与相談センター福山支部のおおたちです。

37%

この数字は何を意味しているのでしょうか。

ちなみに皆さんはこの数字を見て多いと感じますか?少ないと感じますか?

 

 

この「37%」という数字は、平成25年度の国税庁統計情報から、相続税の申告が必要な被相続人のうち、法定相続人が2人以下の割合のことを示しています。少子化・核家族化の影響 か、実に4割近くが相続税2人以下(配偶者と子、子2人など)となっております。

法定相続人の数が多いと、遺産に係る基礎控除額が拡大し、相続税額の減少につながります。ー方、法定相続人の数が少ないと、基礎控除額が縮小し、相続税額 が増大します。場合によっては、法定相続人の数次第で、相続税を払うか否かが分かれる可能性もあるでしよう。

「子供がいない」「息子(娘)が1人だけ」というようなご家庭は、養子縁組などの相続対策を検討してみましよう。

なお、相続・贈与について少しでも関心がある方は、お気軽にご相談ください。

 

相続贈与相談センター福山支部(おおたち会計事務所)

TEL:084-927-5103

電話でのお問い合わせは			084-927-5100

メールでのご相談はこちら