HOME > お知らせ > 相続・贈与相談センターマガジン「数字で見る相続」

相続・贈与相談センターマガジン「数字で見る相続」

2016.04.13 | お知らせ

みなさんこんにちは、相続贈与相談センター福山支部のおおたちです。

 

今回のテーマとなる数字は「17.8%」です。

 

この数字は、一般社団法人信託協会が行った「相続に関する意識調査」にある、「生前贈与の経験の有無」を聞いたアンケートにて、70歳以上の男性で、生前贈与を行ったことがある割合を指します。

同アンケートにて男女年齢層関係なく母集団全体で「生前贈与を行ったことがある」と回答した人に対して、贈与資金の用途との目的を尋ねると、最多の回答は「家・車等の高額品の購入支援」49.6%、次いで、「入学・受験・その他の教育資金」22.3%「出産・結婚資金」18.8%となっています。

 

また、生前贈与した利用として、目立った回答は次の通りです。

「孫や子供の生活を楽にしてあげたいから」44.3%「必要なタイミングで資産を贈与できる」37.7%「相続対策になるから」35.9%「確実に贈与した人に資産を渡せる」28.5%。

上記のように、相続税対策の一環として贈与を行う人も少なくありません。

 

相続贈与について少しでも関心のある方は、お気軽にご相談ください。

相続贈与相談センター福山支部(おおたち会計)

TEL:084-927-5103

電話でのお問い合わせは			084-927-5100

メールでのご相談はこちら