HOME > お知らせ > 相続・贈与相談センターマガジン「数字で見る相続 14.7%」

相続・贈与相談センターマガジン「数字で見る相続 14.7%」

2016.07.22 | お知らせ

みなさんこんにちは、相続・贈与相談センター福山支部のおおたちです。

「14.7%」とは、裁判所の「司法統計」にある、平成26年度婚姻関係事件数で、申立人が夫の総数18,009件のうち、申し立ての動機が「家族親族との折り合いが悪い」の件数2,648件が占める割合。動機としは、1位「性格が合わない」61.4%、2位「精神的に虐待する」17.5%、3位「異性関係」15.3%に次ぐ順位でした。

一方、申立人が妻の総数は47,529件。動機のうち、「家族親族との折り合いが悪い」は3,504件で、7.3%。件数こそ多いものの、割合は半分ほどになっています。妻が夫の家に入るケースが多いことが影響していると思われます。

なお、申立人が妻の場合、上位の動機は、1位「性格が合わない」40.9%、2位「生活費を渡さない」28.5%、3位「精神的に虐待する」24.3%、4位「暴力を振るう」23.2%となっています。離婚は相続問題と無関係ではありません。

 

相続・贈与について少しでも関心がある方は、お気軽にご相談ください。

相続贈与相談センター福山支部 おおたち会計

TEl:084-927-5103

FAX:084-927-5101

 

税理士が確定申告の代行をします

メールでの確定申告のご相談はこちら

電話でのお問い合わせは			084-927-5100

メールでのご相談はこちら