HOME > お知らせ > 相続・贈与相談センターマガジン「数字で見る相続  3万4,782件」

相続・贈与相談センターマガジン「数字で見る相続  3万4,782件」

2017.09.22 | お知らせ

みなさんこんにちは、相続・贈与相談センター福山支部のおおたちです。

「3万4,782件」という数字は、最高裁判所事務総局家庭局の「成年後見関係事件の概況(平成27年1月~12月)による、平成27年の成年後見関係事件の申立件数の合計です。前年比1.2%増加しています。申立人については、「本人の子」が最も多く、全体の30.2%を占めました。次いで「市区町村長」17.3%、「本人の兄弟姉妹」13.7%の順となっています。成年後見関係事件の割合を男女別に見ると男性が40.5%、女性が59.5%という結果が出ています。そのうち80歳以上の割合は、男性が34.2%、女性が63.3%となっています。

主な申立ての動機としては、「預貯金の管理・解約」が83.0%と圧倒的。次いで「介護保険契約(施設入所等のため)」33.3%、「身上監護」25.7%、の順でした。相続開始前に、被相続人または相続人が認知症を発症するケースが多いです。現在は心身ともに元気であっても、近い将来認知症にならない保証はありません。成年後見制度のついて、この機会に理解しておきましょう。

相続・贈与について気になる事があれば、お気軽にご相談ください。

 

相続贈与相談センター福山支部(おおたち会計)

TEL:084-927-5100

FAX:084-927-5101

電話でのお問い合わせは			084-927-5100

メールでのご相談はこちら