HOME > お知らせ > 相続・贈与相談センターマガジン「高齢者の遺言書作成で気をつけるべきポイントは?」

相続・贈与相談センターマガジン「高齢者の遺言書作成で気をつけるべきポイントは?」

2018.01.12 | お知らせ

明けましておめでとうございます。

相続・贈与相談センター福山支部のおおたちです。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

遺言書の作成は、効果的な相続対策のひとつとして挙げられます。しかし、遺言書を残す方が高齢で、認知症や判断能力低下が疑われる場合は注意が必要です。トラブル防止に有効な遺言書が、トラブルの元凶になってしまう恐れがあるのです。

一般的に、遺言書を作成する人は高齢者が多いです。近年では認知症の高齢者が増加しています。認知症と明確に診断されていなくても「物忘れが増えた」「理解に苦しむ行動を取ることが多くなった」というような「グレーゾーン」の高齢者も少なくありません。

そのため「遺言書は本当に有効なのか?」という争いが相続人の間で起こることがあります。よって、高齢者が遺言書を作成する際は、「遺言能力があるか?」「有効な遺言書を作成できるか?」という問題をクリアする必要があります。

「遺言能力」とは、「遺言がどのような意味を持ち、どのような法的効力を発揮するかを理解できる能力」を指します。遺言能力がない状態で作成された遺言書は無効になります。民法では「15歳に達した者は遺言をすることができる」(民法961条)としていますが、「遺言者は、遺言をする時においてその能力を有しなければならない」(民法963条)と遺言能力を要求しています。

 

医師の判断がトラブル回避につながる

高齢者が遺言書を作成する際は、以下の点に注意しましょう。

●公正証書遺言を残す

自筆証書遺言は、法定要件の不備で無効になるリスクがあります。公正証書遺言であれば公証人が作成し、証人が立ち会うので確実です。第三者による変造や偽造、隠匿の恐れもありません。

 

●医師の診断を受ける

判断能力の程度を客観的に証明するため、認知症の症状を判断できる病院で診断を受けて、診断書を作成してもらうことをお勧めします。認知症や判断能力に問題がない高齢者でも、診断を受けておくと、トラブル回避につながります。

 

●遺言書作成時は相続人全員に配慮する

遺言書の作成にあたっては、相続人全員と情報を共有しましょう。特定の相続人と2人きりで遺言書を作成してはいけません。「判断能力がない状態で、特定の相続人に都合のよい遺言書を無理やり書かせたのでは?」と、他の相続人から誤解を招き、「遺言書は無効」と主張される可能性があります。

認知症や判断能力低下と疑われる高齢者が遺言書を作成するときは、慎重な対応を要します。専門家に相談して、適切なサポートを受けましょう。

 

相続・贈与について気になる事があれば、お気軽にご相談ください。

相続贈与相談センター福山支部(おおたち会計)

TEL:084-927-5100

FAX:084-927-5101

 

税理士が確定申告の代行をします

メールでの確定申告のご相談はこちら

電話でのお問い合わせは			084-927-5100

メールでのご相談はこちら