HOME > お知らせ > 相続・贈与相談センターマガジン「相続Q&A 将来認知症になっても困らないよう、判断能力があるうちに後見人を選任できる?」

相続・贈与相談センターマガジン「相続Q&A 将来認知症になっても困らないよう、判断能力があるうちに後見人を選任できる?」

2018.02.09 | お知らせ

みなさんこんにちは、相続・贈与相談センター福山支部のおおたちです。

【Q】現在は健康で、判断能力もきちんとありますが、将来認知症になったときのことが心配です。今のうちから信頼できる人に後見人を頼んでおくことは可能ですか?

【A】「任意後見制度」を活用すれば、可能。しかし、メリットとデメリットを理解しておきましょう。

「任意後見制度」とは、本人が契約の締結に必要な判断能力が不十分になったときの後見事務の内容と、後見人を事前の契約で選任しておく制度です。同制度による後見人を任意後見人といいます。

家族や友人、専門家(弁護士や司法書士など)といった信頼できる人を後見人として選び、公証人役場で任意後見契約を締結します。

任意後見契約では、任意後見人を誰にするか、どこまでの後見事務を委任するかを話し合いで自由に決められます。

後に、認知症の症状が少し見られるようになったら、本人(または配偶者、4親等内の親族、任意後見人)が家庭裁判所に申し立てて、任意後後見監督人を選任してもらいます。任意後見監督人は、任意後見人がきちんと仕事をしているかをチェックする役目を担います。

任意後見制度のメリットは「契約内容が登記されるので、任意後見人の地位が公的に証明される」「家庭裁判所で任意後見監督人が選ばれ、任意後見人の仕事ぶりをチェックできる」などです。デメリットは「死後の処理を委任することができない」「取消権がない」「迅速性に欠ける」などが挙げられます。

相続・贈与について気になる事があれば、お気軽にご相談ください。

 

相続贈与相談センター福山支部(おおたち会計)

TEL:084-927-5100

FAX:084-927-5101

税理士が確定申告の代行をします

メールでの確定申告のご相談はこちら

電話でのお問い合わせは			084-927-5100

メールでのご相談はこちら