HOME > お知らせ > 姻族関係終了届を出したら、子どもの亡夫の親族との関係は解消できるの?

姻族関係終了届を出したら、子どもの亡夫の親族との関係は解消できるの?

2018.05.25 | お知らせ

みなさんこんにちは、相続・贈与相談センター福山支部のおおたちです。

 

Q. 半年前に夫が亡くなりました。義母は健在なのですが、結婚当初からずっと嫌味ばかり言われてきました。「あなたの健康管理が悪いから、息子が早く亡くなった」と顔を合わせるたびになじられています。姻族関係終了届を出して、義母とその一族と縁を切りたいのですが、子どもたちも一緒に縁を切れるのですか?

 

A. 妻が亡夫の親族との姻族関係を終了させても、子どもは血族関係を解消することはできません。ただし、姓をあなたの旧姓に変更することは可能です。

 妻が亡夫の親族との姻族関係を解消しても、子どもにとって亡夫の親族とは血のつながりがあり、血族関係を解消することはできません。

 もし、あなたにとっての義母に相続が発生したときは、あなたの子どもにも代襲相続権が発生します。また、義母が要介護になったときは、あなたの子どもに介護負担を求めてくる可能性もあるでしょう。

 ただし、子どもが亡夫の親族と血縁関係を切れなくても、姓をあなたの旧姓に変更することはできます。前回の記事にあるように、姻族関係終了届を提出し、結婚前の姓に戻したい場合は、別途「復氏届」を提出する必要があります。しかし、子どもの姓も自分の旧姓にしたい場合は、別の手続きを要します。

 まず、「子の氏の変更許可申立書」を管轄の家庭裁判所に提出します。子どもの姓を変える許可が出てから、「入籍届」を役所に提出するという流れになります。

 亡夫の親族との縁を切りたい事情はさまざまです。確かに姻族関係終了届を提出すれば、あなたと亡夫の親族との関係を解消することはできます。しかし、子どもと亡夫の親族とは血族であり、関係は解消できません。姻族関係終了届を出してせいせいしたからといって、亡夫の親族を刺激する言動は慎んだほうがいいでしょう。

 

相続・贈与について気になる事があれば、お気軽にご相談ください。

相続贈与相談センター福山支部(おおたち会計)

TEL:084-927-5100
FAX
:084-927-5101

 

税理士が確定申告の代行をします

メールでの確定申告のご相談はこちら

電話でのお問い合わせは			084-927-5100

メールでのご相談はこちら