HOME > お知らせ > 相続手続き中に新たな相続が起きても慌てない! 「数次相続」をシュミレーションしておこう

相続手続き中に新たな相続が起きても慌てない! 「数次相続」をシュミレーションしておこう

2018.06.29 | お知らせ

みなさんこんにちは、相続・贈与相談センター福山支部のおおたちです。

 

相続はいつ発生するか誰にもわかりません。ときには、夫の相続が発生し、遺産分割協議や相続手続きが終わらないうちに、妻や子が亡くなってしまうというケースがあるかもしれません。このように、被相続人が死亡して相続が開始したものの、遺産分割協議が完了する前に、相続人が死亡して二次相続が始まることを「数次相続」といいます。今が回は数次相続についてシュミレーションしておきましょう。

 

数次相続で新たな相続人が増えることも

 

 遺産分割協議は相続人全員で行う必要があります。相続人1人でも欠けた状態で協議を進めると、遺産分割協議そのものが無効になります。それゆえ、相続手続きにおいては、誰が相続人なのかを確定させることが非常に重要です。

 数次相続が起きると、新たな相続人が増える可能性があります。例えば図のように、父Aが亡くなり、相続が発生したとしましょう。Aの相続人は、母Bと長男C、次男Dの3人になります。ところが、Aの相続の遺産分割協議が終わる前にCが亡くなると二次相続が開始します。Cの死亡により、Cが相続するはずであった遺産は、Cの相続人にあたる妻E、孫FGが相続することになります。

 そうなると、Aの相続の遺産分割協議をBDEFGの5人で行う必要があります。そして、別途にCの相続の遺産分割協議をEFGの3人で行うことになります。

 数次相続が発生している場合、遺産分割協議書をどのように作成すればいいのでしょう。

 Aの相続の遺産分割協議書を作成する場合、すでに亡くなっている相続人Cの欄には「相続人兼被相続人C」といった形式で記載されます。これで数次相続が発生していることがわかります。

 Cは亡くなっているため、Aの相続の遺産分割協議書に署名・捺印ができません。代わりにCの相続人EFGの3人が署名・捺印を行うことになります。協議書にも「相続人兼被相続人Cの相続人E」というように記載します。

 

 ※クリックで拡大

 

相続手続きを放置すると、数次相続で問題が複雑化する

 

数次相続は、親族が短期間に相次いで亡くなると発生しますが、相続手続きを放置して起こる場合もあります。相続手続きが放置される原因の大半は、遺産分割協議が難航している点にあります。相続のつど遺産分割しておかないと、相続人が増加し、権利関係がますます複雑になります。専門家の力を借りて、問題解決にあたりましょう。

 

相続・贈与について気になる事があれば、お気軽にご相談ください。

相続贈与相談センター福山支部(おおたち会計)

TEL:084-927-5100
FAX
:084-927-5101

税理士が確定申告の代行をします

メールでの確定申告のご相談はこちら

電話でのお問い合わせは			084-927-5100

メールでのご相談はこちら